幸福学に学ぶ

幸福学について


幸せの追求は、哲学や宗教の役目がる


幸福感は意図して高めることができます


例えば、ボランティア活動に月一回参加すると所得が倍増するぐらい幸福感が高まる


そして口角を、上げて過ごせば幸福感が増し免疫の状態がよくなるという研究結果もあります


日本の1人あたりの実質国内総生産GDPは

1960年から2010年の50年間で6倍に増えて世界有数の豊かな国になった

ところがその間の生活満足度が上がらない。


収入、財産、社会的地位は、幸福感は一過性で長続きしない。


一方、心と体、社会が良い状態であることで得た幸福感は持続性が高い


具体的には、他者のつながり、健康、愛情、自由、環境が幸せを導いてくれる

幸せは実は、当たり前のことをいかに気付くことが出来るかどうかなんだよね

オススメ本はこちら💁‍♀️

⤵️⤵️⤵️⤵️⤵️⤵️⤵️⤵️⤵️⤵️⤵️⤵️⭐️

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です