ウイルス どう共存するか

ウイルス どう共存するか

生命の定義として

 3つの定義があります


1.膜によって外界と区切られていること


2.遺伝子を複製して子孫をのこせること、合成や分解などの代謝活動をすること
(ウイルスら最初の二つの案件を満たすが、代謝はしない。)

3.遺伝子の複製などの生命活動を行うためには、宿主の持つタンパク質を借りる必要なある

人や動物など、他の生命がなければ増殖できない存在
生命と非生命の境界線上のウイルスは発見されウイルスを生命と考える人も増えてくる

インフルエンザは多くの人がかかり免疫を持つとそれが防波堤となり拡散が抑えられる

ウイルスが広がっているのではなく、人間がウイルスを拡散している

遺伝子にもウイルス由来のものがある

胎盤が機能する、必須シンシチン、タンパク質はウイルス由来。

そして人間はウイルスの助けを借りて子供を産む


ウイルスの情報を自分の遺伝子の一部として溜め込んでいるのが人間という存在です


実は人間はウイルスとずっと共生してきたのです


ウイルスは撲滅しようとしても駄目でいかに共生を図るか。

どうしましょうの話です

ウイルスのオススメ本です⭐️⭐️⭐️

⤵️⤵️⤵️⤵️⤵️⤵️⤵️⤵️⤵️⤵️⤵️⤵️

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です