一流の男になる心の在り方 茶道への道

茶道

一流の男になる心の在り方について

元々、茶道は昔は武士のたしなみである

戦場においても平静に茶を楽しみ心を陣点という。隙を見せない、全身一心の振る舞いを身につける。

覚悟の一服を飲み込める人こそ、一流。

心の迷いを一服のお茶に込めて、飲み干した。心をどう構えているか

しなやかな強さ、深いやさしさを持ち、周囲から信頼され、愛される

誰かのために生きるという喜びは、あなたの心に返ってくる

自分の人生を二分を、人のために役立てる

他人をいたわる気持ち、相手の心を察し、相手に合わせるしなやかさ

何かを達成するために、自分はこう生きる、自分の心に従って生きていく、だから強い。

他人を思いやるやさしい心と、自分を曲げない強い心

一流とは、一番ではなく、誰かのために自分を生かせる人こそ、一流である

一番は、他人と比較する常に足りていない人生。一流は、自分の心を磨き、他人に優しい満ち足りた人生。

かっこよさを徹底的に求める

かっこよさは気遣いにつながる

未来の日本のために今という時間を使う。

こんなものがあったら、多くの人が喜ぶのではないかと夢を見ることが価値を生み出す

決断の正しさは、考えた時間に比例するとは限らない、間違えても何かを学び、次に生かす

たとえこの身が、白骨と果てようともその後の道しるべとなる

時間通りは、遅刻。5分前精神

モノとコトには、入口と出口がある

つまり、何かをする前に終わったときのことを考える。出口の見えない仕事はしない

騒がしき 世にありながら 移ろえる 四季に心を ひらきなごめり

⬇︎

忙しさに追われ、なんとなく過ぎてしまう日々の中でも節目を感じることで生活にメリハリをつける。惰性に流されない、時間に追われない

形が決まれば、おのずと心も定まる

形から入って心に至る。

心という目に見えないものを整えるには心としっかりつながっている形を覚える

一度身につけた型を捨て、崩し、破れば、それは自由になる、本当の美しさは型を学ぶ、型や、ルール、基準があるからそれを飛び越えた先に自由がある

お辞儀は、相手の気持ちを受け入れる

相手の心を開くには、自分の胸元を、開くことが大切。

姿勢の良さは丹田で決まる 

物事を考えるときは頭ではなく丹田で考える

歩く姿勢は、その人の姿勢

貧乏は、お金がないのではない、人のために何もできないこと。

自分の状況がどうであろうと自分に、できる精一杯のおもてなし。

圧倒的な美は人の心を浄化する

世界は平和であるべき

紛争も餓死もなくなるべき、グローバルな視点で物事を考えるべき

やさしさ、親切、おもいやりは人から人へと伝わる。ひとつの優し嵯峨、新たなやさしさを生みへつながる

一流とは、心の在り方、心豊かに生きる人

心の豊かさは財産に比例するわけではない

どうでしたか?

武士の心を戻しませんか?

芳香園 茶道具 お抹茶6点セット (星野園製抹茶 抹茶茶碗 茶筅 茶筅くせ直し 茶杓 説明書) (碧釉茶碗)

https://rcm-fe.amazon-adsystem.com/e/cm?ref=qf_sp_asin_til&t=1313masaya04-22&m=amazon&o=9&p=8&l=as1&IS1=1&mobile=1&asins=B079BJXRN7&linkId=c7eceb81c210057e47b0728c5b407cb2&bc1=ffffff&lt1=_top&fc1=333333&lc1=0066c0&bg1=ffffff&f=ifr

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です